こんばんは、M.Kentです!ヾ(@°▽°@)ノ
今日も今日とて更新していこうと思います!

 

 

 

 

なかなか取引日記が更新できていないのが悔しいですが、
こちらの手法講座もきっと役に立ちますので、
ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

 

 

 

 

さて、今日の即戦術はかな~り大切なことですよ~(・∀・)
読み応えもなかなかあると思います!笑

 

 

 

 

では、早速今日のテーマを発表しましょう!
今日のテーマはこちらヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

ボリンジャーバンドを過信するな!

はい、これとても大事です。
まずは「ボリンジャーバンドがどういうものなのか?」を解説していきましょう!

 

 

 

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、標準偏差を元にしたトレンド系インジケーターです。

 

 

 

 

標準偏差と聞くとなんか難しそうですが、そんなことはありません。
簡単に言えば、「確率論」を元にしたインジケーターっていうだけですヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

では、実際のボリンジャーバンドを見てみましょうか!

ボリンジャーバンドとは?

 

 

 

こちらがレートとボリンジャーバンドだけを表示したチャートです。
なんだかやたら、ラインが多くありませんか?(・∀・)

 

 

 

 

実はこれら、すべてがボリンジャーバンドなんです!
ボリンジャーバンドは、これら7本のラインで構成されています(・∀・)
それぞれに見方がありますので、軽く解説していきますね

 

 

 

 

レートが-1σ+1σの間に納まる確率⇒65.8%
レートが-2σ+2σの間に納まる確率⇒95.5%
レートが-3σ+3σの間に納まる確率⇒99.7%

(真ん中の基準線は移動平均線と同じラインになります)

 

 

 

 

以上です笑
とっても簡単ですね!(^∇^)

 

 

 

 

しかし、簡単に見えるからこそ、
過信というか、判断基準の中心になりがちなんですヘ(゚∀゚*)ノ

 

 

 

 

「なんでボリンジャーバンドを判断基準にしちゃいけないの?
確率論からすれば、逆張りすればかなりの確率で勝てるじゃん?!」

 

 

 

 

確かにその通りです。
では、次に「なぜボリンジャーバンドを基準に逆張りをしてはいけないのか?」を解説していきましょう!ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

なぜボリンジャーバンドを基準に逆張りをしてはいけないのか?

為替レートはトレーダーの売買を元に上下していますよね。

 

 

 

 

みんなが買えば、レートは上昇する。
逆に、みんなが売れば、レートは下降する・・・。

 

 

 

 

このように、レートの進行方向は多数決で決まっていきます。

 

 

 

 

つまり、世界中のトレーダーが同じ時間足を見て、同じインジケーターを使っていれば、
絶対に勝てるわけなんですヾ(@°▽°@)ノ
(すっごい極論ですが・・・)

 

 

 

 

ということは、トレーダーの多くがボリンジャーバンドを基準に逆張りトレードをしていれば、レートは問題なく、逆方向に動いてくれるはずですよね!(-^□^-)
そうなれば、めでたく「逆張り大成功!」になるわけです。

 

 

 

 

確かに、ボリンジャーバンドは世界中で多くのトレーダーたちに愛用されています。
しかし、「逆張り」で使用しているトレーダーはその中でもごく一部です。

 

 

 

 

なぜなのか?

 

 

 


「ボリンジャーバンドは、逆張り用のインジケーターとして作られていないから」
です。

 

 

 

 

これについては、ボリンジャーバンドを開発したジョン・ボリンジャー氏も明言しています。
そもそもボリンジャーバンドは、その収縮や拡大からトレンドの有無その勢いを明確化するために作られたインジケーターなのです。

 

 

 

 

例えば、ボリンジャーバンド+2σを突き抜けた上昇トレンドがあるとします。
「逆張り」しか知らなければ、ここで「LOWエントリー」してしまいますよね?
ここで少し考え方を変えてみてください。

 

 

 

 

「±2σの中に納まる確率は、95.5%。
しかし、この上昇トレンドは+2σを突き抜けてきた。
それほどにまで力のある上昇トレンドなんだなぁ・・・」
と。

 

 

 

 

ボリンジャーバンドは簡単なように見えて、実に奥の深いインジケーターです(・・;)
じきに本ブログで配布予定の教科書にも使い方をくわし~く書いてありますので、
ぜひ楽しみにしていてくださいね!ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

今日は、初心者の方がよく引っかかるボリンジャーバンドの罠についてお話しました。
すこしでもあなたのお役に立てば嬉しいです!ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになりますので、ぜひコメントや応援クリック、よろしくお願いします!ヾ(@^▽^@)ノ

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

こんにちは、M.Kentです!ヾ(@°▽°@)ノ
なんだか最近更新できていなくてすみません・・・
(アクセス数が減って悲しい)

 

 

 

 

さて、今日は「無料レポートや無料サインツール」について
お話ししていこうと思います。

 

 

 

 

タイトルから勘違いしてしまうかもしれませんが、宣伝記事じゃありませんよ!?
今回はどちらかというと警告に近い感じです(・・;)

 
まずは、「無料レポートや無料ツール」を知らないあなたのために一つずつ解説していきましょう!

 

 

 

 

無料レポートと無料ツール

どちらも仕組みとしてはほぼ同じです。

 

 

 

 

これらは多くの場合、ブログの運営者が配布しています。
そして、「無料で配布」とは言ってもブログによって条件があります。

 

 

 

 

一番多いのが、自身のメールマガジンの購読を条件としていること。
指定されたメールマガジンを購読すれば、無料レポートや無料サインツールがダウンロードできるような仕組みになっています(・∀・)

簡単ですね(・∀・)

 

 

 

 

最近では、オリジナルの無料レポートや無料サインツールを配布しているブロガーも少なくありません。

 

 

 

 

無料で情報が手に入るってすばらしいですよね!
私も昔、ガンガン利用していました(‐^▽^‐)
しかし、だからこそあなたに注意を促したいのです。

 

 

 

 

では、その理由についてお話ししていこうと思いますヘ(゚∀゚*)ノ

 

 

 

 

「無料」は良いわけではない

「無料」とは、「タダ」のことです。
つまり、私たちは無料のモノに対して、お金を払う必要がありません。

 

 

 

 

そして、無料のモノには、以下の2パターンが考えられます(・∀・)

 

 

①本当に価値のないモノ

先ほどお話しした通り、

「無料」=「お金を払う必要がない」

わけです。
ということは、単純に「無料=お金と釣り合わない(価値がない)」になりますよね。

 

 

 

 

「そうだけど、無料なんだし貰っておくに超したことはないじゃん!」

 

 

 

 

その通りですね(・∀・)
しかし、考えてみてください。

 

 

 

 

「無料の情報を信じて、損をするのはあなたです。」

 

 

 

 

もちろん、得をする場合もあると思います。
しかし、「無料(価値のない情報やツール)」を根拠ナシに鵜呑みにするのは危険すぎます。

 

 

 

 

無料レポートやツールを貰うこと自体が悪いわけではありません!
それらを根拠ナシに信じ切って、身を委ねてしまうことがいけないのです(・∀・)

 

 

 

 

②あなた自身が「商品」になっている

「うすうす感づいてたよ!」
っていう方もいると思います(・∀・)

 

 

 

 

これは、単純に

「あなたを無料のエサで釣り、その後にビジネスを仕掛けようとしている」

わけです。

 
そこで出てくるのがメールマガジンです!(・∀・)

無料レポートorサインツールの条件に「メールマガジンの購読」が条件になっていませんか?
それはつまり、メールマガジンでなにかあなたに「商品」を売り込もうとしているのです。

よって、「あなた自身がビジネスの商品になっている」というわけです。

 

 

 

 

さて、ここで考えてみてください。

「あなたが同じようなやり方でビジネスをしようとしたら、
わざわざ無料レポートに役に立つことを書きますか?」

 

 

 

 

書きませんよね!ヾ(@°▽°@)ノ
つまりはそういうことなんです。

 

 

 

 

そして残念ながら、多くはこれら2パターンを兼ね揃えたモノです。

 

 

 

 

つまり、

「あなたを無料のエサ(役に立たない情報orツール)で釣り、
その後、メルマガにてあなたに何かを売り込もうとしてくる。」

 

 

 

 

わけです。なんだか寂しいですね・・・(´д`lll)

 

 

 

 

という私も今、レポートを作成していますヾ(@°▽°@)ノ笑
価値があるものに仕上げるつもりなので、無料じゃありませんがね!笑

 

 

 

 

とにかく今日は、「無料で手に入る情報を過信しすぎるな」という事をお伝えしたかったんです。
もちろん役に立つ情報もありますがね!ヾ(@°▽°@)ノ
でもそれを信用して、負けたら悔しいですからね!

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになりますので、ぜひコメントや応援クリック、よろしくお願いします!ヾ(@^▽^@)ノ

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ


テーマ:お知らせ

どうも、お久しぶりです!M.Kentです!
長い間更新できずにすみませんでした・・・(・・;)

 

 

 

 

でも、実はコレには理由があるんです!(;^_^A

 

 

 

 

以前、「近いうちに面白いことをやります!」とお話したと思います。実はその準備をしていたんですよね!

今日はその内容をご紹介しようと思います!

 

 

 

 

YouTubeに取引解説動画の投稿

ご要望を頂いたわけではないんですが、
記事で取引日記を読むよりもわかりやすいでしょうし、
コッチのほうが気軽に見ていただけると思うんですヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

内容はタイトルの通り、実際の取引の様子を動画にして、
私なりの解説や相場分析をしていこうと考えています!

 

 

 

 

また、いろんなインジケーターや手法についての解説動画なども
投稿予定です!ヽ(゚◇゚ )ノ

 

 

 

 

是非、楽しみにしていてくださいね!( ´艸`)
(これで私もYouTuberの仲間入り・・・笑)

 

 

 

 

でも、これだけではありません!( ̄▽+ ̄*)
もうひとつはコチラ!

 

 

 

 

私、教科書作ります(笑)

以前からちょくちょく、

「M.Kentさんのトレード手法をもっとしっかり教えてほしい!」

というようなメッセージを頂いておりました。

 

 

 

 

嬉しいことです・・・!
ですが、応えねばせっかくのご要望にも意味がありません(^O^)

 

 

 

 

という事で、

 

 

 

 

「私、教科書作ります」笑

 

 

 

 

「教科書っていっても、どうせ20ページぐらいのショボいやつやろ?」

 

 

 

 

そう思いますよね????

そう思っちゃうのが普通ですよね?????

 

 

 

 

ところがどっこい。

すでに、50ページ書き終えました笑

 

 
そして、我ながら内容にもかなりの自信があります!ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

しかし、私が丹精こめて、包み隠さず全てを書いていくわけですから、
「完全無料」で配布する気はありません(^▽^;)

 

 

 

 

最初は無料配布も考えていました。
けど、「無料」にしてしまうことで、それは「お金を出すまでもない情報」に成り下がってしまうと思うんです。

 

 

 

 

少なくとも、私はそんな「検索すれば出てくるような情報」を書くつもりはありません。
「タダより怖いものはない」ってやつですよ。

 

 

 

 

だって、タダの情報を信じてボロ負けしたら大変ですよね?
どこに「その情報は正しい」という根拠があるんでしょうか?
「Wikipediaの情報が正しいとは限らない」のと同じなんですヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

しかし、安心してください!!
私も大金を頂くつもりではありません。
「教科書に価値を感じて、しっかり読み込んでほしい」という意図があっての有料配布ですからね!ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

ちょっと価格とかはまだ決めていないので、また書き終えたらみなさんのご要望ともすり合わせて考えていこうと思います!

 

 

 

 

ですので、「このぐらいがいいな!」というご意見がありましたら、
コメントorメッセージにてお待ちしております!ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

 

 

では、今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになりますので、ぜひコメントや応援クリック、よろしくお願いします!ヾ(@^▽^@)ノ

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ